« 記者クラブという大罪~おすすめWEB記事「改めて「ジャーナリスト活動無期限休止」を宣言――記者クラブは日本という国家を滅ぼす」(週刊・上杉隆)【第179回】 2011年6月16日 | トップページ | 2011年6月に買ったマンガ5冊~ちはやふる、とめはねっ!、ナナマルサンバツ、乙嫁語り、海月姫・・・ »

2011年6月18日 (土)

「妻力」とは?~テレビ東京系・たけしのニッポンのミカタ!「オンナを捨てて 女を磨け!」?(2011年6月17日放送)

オンナを捨てて 女を磨け!?」というタイトル、
わかったようで、わからないような・・・
タイトルはともかく、内容としてはなかなか好番組でした。
6月17日放送のテレビ東京系・「たけしのニッポンのミカタ!」では、
上記のタイトルで、女性の若作りはかえって老けて見られることや、
妻力」について放送していました。
映像としては若作りの話の方がインパクトがありますが、
内容としては「妻力」の方が興味深かったです。

ところで、「妻力」という聞きなれない言葉、ご存知ですか?
私もこの番組を観て初めて知りました。
妻力」とは、
結婚したあとも長い間夫に愛される力のこと。」(番組HPから)だそうです。

番組HPから、「妻力」の部分だけ引用転載します。

(引用)
女磨きは妻力!?(二松まゆみ)
「男性に愛される事が女性を輝かせる」と力説する二松氏は、男女の仲と若々しさは密接な関係にあると主張する。そんな二松氏は女性の魅力アップに必要なものとして「妻力」を挙げる。「妻力」とは、結婚したあとも長い間夫に愛される力のこと。
二松氏は人類学者ヘレン・E・フィッシャーが唱えた「生物学的には、人間の愛は4年で終わるのが自然」という説や、結婚後4年で離婚する夫婦が多いという調査結果を挙げ、「妻力」をつけることで女性の魅力が磨かれ、長い間愛されると主張する。
そこで!「妻力」がどういうものなのかをKさん夫婦を取材。結婚4年目で子どもが二人というKさん夫婦は、今でもラブラブ!しかも、奥さんから逆プロポーズして結婚したが、今では夫のほうが奥さんに夢中だという。奥さんは「妻は、色んな顔を演じて夫を転がしていることに気付かせないくらい、“女優”でいることが大切」とその極意を語るが、果たして実際の“女優ぶり”は?二松氏が家庭での奥さん様子をチェックすると【(1)夫を責めない(2)感謝の言葉を口にする(3)決定権は夫に与える】という3つのポイントが判明!
奥さんの「妻力」を見た、結婚して1年ちょっと経つ西川史子は「この1年間をやり直したい…」とショックを受ける。二松氏は「夫は立ててもらいたいもの。立てられると、ますます妻にいいところを見せたくなる」と西川にアドバイスする。

(引用終)

妻力」の具体的な態度として、
【(1)夫を責めない(2)感謝の言葉を口にする(3)決定権は夫に与える】
という3つのポイントを指摘していました。
みなさんのご家庭ではいかがでしょうか?

夫婦がお互い張り合うなら、不和が生まれますね。
男は単純でおバカさんなのですから、
「夫を立てる」ことで持ち上げておいて、実権はしっかり握って置くほうが、
不毛な言い合いをして夫婦仲をこじらせるよりよほどマシでしょう。
2人で幸せになるために結婚したのですから、
「正しさ」を主張して愛を壊してしまうのは、もったいないことなのです。
「男女平等」という権利を振りかざしてしまうと、
不公平感だけが残り、結局結婚生活そのものを窒息させてしまうでしょう。


最後に、きっと参考になりますので、
聖書から夫婦関係について2ヶ所引用します。
(私はクリスチャンですので・・・)
キリスト教でない人は、「キリスト」や「主」という言葉を、
「神」や「仏」、「天使」とかの絶対的なものに置き換えれば、
普遍的な処世訓となりますね。

同じように、妻たちよ、自分の夫に従いなさい。
夫が御言葉を信じない人であっても、
妻の無言の行いによって信仰に導かれるようになるためです。
同じように、夫たちよ、妻を自分よりも弱いものだとわきまえて生活を共にし、
命の恵みを共に受け継ぐ者として尊敬しなさい。
そうすれば、あなたがたの祈りが妨げられることはありません。

(新約聖書ペトロの手紙Ⅰ3:1~2、7新共同訳)

キリストに対する畏れをもって、互いに仕え合いなさい。
妻たちよ、主に仕えるように、自分の夫に仕えなさい。
キリストが教会の頭であり、自らその体の救い主であるように、夫は妻の頭だからです。
また、教会がキリストに仕えるように、妻もすべての面で夫に仕えるべきです。
夫たちよ、キリストが教会を愛し、
教会のために御自分をお与えになったように、妻を愛しなさい。

(新約聖書エフェソの信徒への手紙5:21~25新共同訳)

(おまけ)
妻力」を主張した二松まゆみさんの著作です。

夫婦仲がよくなるちょっとした習慣 』(中経の文庫)

夫婦仲がよくなるちょっとした習慣 (中経の文庫)


夫婦の「幸せ循環」を呼ぶ秘訣 』(講談社プラスアルファ新書)
夫婦の「幸せ循環」を呼ぶ秘訣 (講談社プラスアルファ新書)


二松まゆみさんによる、「夫婦ラブラブを維持する「妻力」は5つのKが肝」という記事、
実に興味深いですので、ぜひお読みください。

5つの「K」とは、
「かわいらしさ」、「賢さ」、「寛容」、「謙虚さ」、「感謝の気持ち」とのこと・・・

一方、女性も、男性からの愛という「エネルギー源」がなければ動けません・・・
ぜひ、愛情が「満タン」になるよう、
日頃からの愛情あふれる言葉とスキンシップをお忘れなく・・・

« 記者クラブという大罪~おすすめWEB記事「改めて「ジャーナリスト活動無期限休止」を宣言――記者クラブは日本という国家を滅ぼす」(週刊・上杉隆)【第179回】 2011年6月16日 | トップページ | 2011年6月に買ったマンガ5冊~ちはやふる、とめはねっ!、ナナマルサンバツ、乙嫁語り、海月姫・・・ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

聖なる言葉」カテゴリの記事

コメント

たけしのニッポンのミカタを見ました。
夫を立てるに賛成です。
ちょっとした態度や言葉で良いのです。
夫は立てて欲しいのです。
妻から夫に歩み寄って欲しいのです。
世の女性たち、宜しくお願いします。

この記事へのコメントは終了しました。

« 記者クラブという大罪~おすすめWEB記事「改めて「ジャーナリスト活動無期限休止」を宣言――記者クラブは日本という国家を滅ぼす」(週刊・上杉隆)【第179回】 2011年6月16日 | トップページ | 2011年6月に買ったマンガ5冊~ちはやふる、とめはねっ!、ナナマルサンバツ、乙嫁語り、海月姫・・・ »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ