« 速やかに「屋内退避」から「避難」へ!~政府は福島県民を見殺しにするつもりか! | トップページ | 必読!「フランス原子力機関、日本語で放射能情報発信」~日本政府は何をやっている? »

2011年3月26日 (土)

国内棄民政策?~国民の安全を守るよりも、原発利権を守ることを選んだ日本政府・・・

「屋内退避」から「避難」へ、ついに指示発令か、と少し期待していましたが、
なんともがっかりするような、いや、憤るべき発表が出ました。
「屋内退避」はそのままで、「自主避難を促す」とのこと・・・
どうしても、政府の過ちを認めたくないがゆえなのでしょうね・・・
しかも理由は、放射能汚染ではなく、物資が行き届かないため、だとか・・・
自主避難ということは、脱出は自己負担、ということでしょう。
「危ないところ」に自衛隊や警察を派遣したくない、という保身の論理が見え隠れします。
それ以上に、「なんで今まで退避指示を出さなかったのだ!」と責任追及を恐れているのでしょう。
いや、実は・・・

政府は、国民の安全・安心よりも、
巨大な原発利権を守ることを、最優先するつもりなのでしょう。
官・民の癒着や天下り、被曝の隠蔽など、
この国の最も触れられたくない場所が、原発のようです。
事故が起こる前から、「原発はクリーンなエネルギーです」とさかんに宣伝していましたが、
実態はどうでしょう?
復旧作業にあたっていた作業員が、重度な被曝をしましたが、
あれは実は氷山の一角にすぎないものなのでしょう。
福島県民で、脱出するすべを持たない人は、どうすればいいのでしょうか?
自治体が避難を勧めるレベルではもはやありません。
政府が動かないなら、政府が福島県民を棄民したのも同じです。

放射能汚染について、NHKなどを使って、
「安全、安全」と「大本営発表」を繰り返すのは、もはや聞く価値がありません。
最近、NHKニュースでさえも、「○○学者」が出てくるところはまったく見る気がしません。
よくもヌケヌケと、気休めを言えるものだ・・・とあきれかえるばかりです。
国民が知りたいのは、偽りの気休めではなく、客観的な事実です。

ジャーナリストの上杉隆氏が、枝野官房長官の定例会見(3月18日)の際に質問したやりとりから、
痛烈な記事を書いていますので、ぜひお読みください。
海外諸国と日本政府、避難範囲50kmの差――枝野官房長官に「安全デマ」を問い質す
(ダイヤモンド・オンライン「週刊上杉隆」【第168回】 2011年3月24日)
http://diamond.jp/articles/-/11596

文中から文章を一部引用します。


官邸、東電、経産省、記者クラブ、御用学者による「安全デマ」が、日本を滅ぼそうとしている。

「安心だ」「安全です」「ただちに影響を及ぼすことはありません」という根拠の薄い楽観論に拠って、国民を絶望の淵に連れて行こうとしている。

 戦前の日本が、敗戦という最悪の事態に言及する「非国民」を次から次へと抹殺し、鬼畜米英の合言葉のもと、国家の暴走を始めたのがちょうど70年前である。

 日本は再びその悪夢の道を歩もうとしているのか。


マスゴミの「安心、安全」の横並び報道を見ていると、
もはや日本は全体主義化しているのではないかと危惧しています。
(ただし、ヒトラーとかスターリンのような存在はいませんが・・・)
「責任逃れ」という暴君が、事実の隠蔽へとマスゴミや官僚・政治家を、
最悪の事態へと走らせているのでしょうね・・・

民主党の「仙・菅ヤマト」に日本を任せている限り、
放射能除去どころか、
日本が轟沈するのを、ただ眺めるだけになるのでしょうか・・・

« 速やかに「屋内退避」から「避難」へ!~政府は福島県民を見殺しにするつもりか! | トップページ | 必読!「フランス原子力機関、日本語で放射能情報発信」~日本政府は何をやっている? »

NHK」カテゴリの記事

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ