« 必読!「フランス原子力機関、日本語で放射能情報発信」~日本政府は何をやっている? | トップページ | フランスからの勇気ある真実~おすすめブログ「FRANCE MEDIA NEWS フランスからのニュース」 »

2011年3月28日 (月)

「Mr.サンデー」の放射能汚染を矮小化した報道は問題!~民放は結局、スポンサーが大事・・・

普段、「Mr.サンデー」という番組は観ていないのですが、
たまたまチャンネルを適当に変えていたら、
ちょうどホウレン草の放射能汚染について放映していました。
厚生労働省が最近密かに通達を出していた、
「放射能測定は水洗いしてから行う」等が書かれた文書を暴いたことや、
茨城県で出荷停止となった、放射能汚染されたほうれん草の実際の値を出したところまでは、
評価に値する報道だと思いました。

しかし、またまた御用学者の登場です・・・
大量に食べなければ安全を繰り返すだけ。
見る気が失せました。
その上、さらには、チェルノブイリ原発事故に詳しいという、ロシアの専門家なる人に、
「日本は騒ぎすぎだ」とまで言わせていました。
これはひどいなぁ・・・
完全に、チャンネルを別なところに切り替えました。

みなさんなら、下の2つの文章、どちらを信用しますか?

1.
千葉市の放射線医学総合研究所の環境放射線影響研究の専門家は
「このホウレンソウの数値を人体への影響を示す単位である「シーベルト」に換算した場合、0・24ミリシーベルトになる。
人体に影響があるのは一度に100ミリシーベルトを受けたときとされており、小鉢1人前のホウレンソウを100グラムと仮定すると、今回のホウレンソウは4200人分を口にしないと人体に影響を及ぼさない計算になる。」
と発言している.さらに、
この専門家は
「妊婦や子供など、放射性物質の影響が大きいとされる人たちについても、摂取しても問題がないレベルだ」
と言う。

2.
ほうれん草で内部被曝することと、1年に100ミリシーベルととは、人の健康に影響するのがまったく違う。
でも、ここではこの専門家の通りに、もしも一般の被曝と比較するならば、一般人の1年間の限度は1ミリシーベルトである。
この専門家が言っている100が1になるのだから、まったく違う
.
具体的にはほうれん草を小鉢一杯、42回食べたら、1年間の規制値になる(小鉢1杯で100グラムは少し重いが)。
つまり、このホウレンソウは1年に42回しか食べられない。
また、妊婦や子供についての内部被ばく量(限度)はハッキリ決まっていて、これも1年当たり1ミリで、こちらの方は単なる基準値ではなく、法律で定められている内部被ばく量の限度である。
従って、汚染されたホウレンソウの汚染度が少し高くなることがあり得る事を考えると、安全をみて1年に10回ぐらいに限定されるだろう

2つの文章、引用はどちらも中部大学の武田教授のブログからです。
(「原発 緊急情報(18) ほうれん草は食べられるか?」)
http://takedanet.com/2011/03/18_ba59.html

もちろん、1.をどうしても信用したい、カッコイイ枝野サマが「問題ない」と言ってるし、
天下のNHKでさえも、「ただちに健康に影響がない」と言ってるじゃないか、
風評被害で農家がかわいそうだ、と考えるのはご自由です。

結局、民放は、スポンサーが大事、というわけですね。
まぁ、NHKだって似たようなもの、そもそもの原因は、政府にあります。


余談ですが、こんなのどうでしょうか?

「党名変更のお知らせ」
(旧)民主党
(新)民苦党
「ただちに日本に影響を及ぼすわけではない」・・・


視聴者も、頭が悪くなっているのでしょうか?
池上彰さんを出さないと、ニュースを読み解くことすらできなくなってしまったのでしょうか。
(それだって、3月いっぱいですが・・・)
中国の「朝三暮四」という言葉がぴったりです。
やすやすとムードに流されやすい雰囲気というのは、危険な風潮ですね。

« 必読!「フランス原子力機関、日本語で放射能情報発信」~日本政府は何をやっている? | トップページ | フランスからの勇気ある真実~おすすめブログ「FRANCE MEDIA NEWS フランスからのニュース」 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ