« NHK・恋する日本語「新たな出会いに」(2011年1月21日放送) | トップページ | セバスチャン、といえば・・・ »

2011年1月21日 (金)

おすすめWEB記事~中野剛志:TPPはトロイの木馬──関税自主権を失った日本は内側から滅びる

小学校学習指導要領では、
小学6年の社会(日本の歴史)で学ぶ人物を42人挙げています。
織田信長やザビエル、徳川家康などとならんで、「小村寿太郎」の名も入っています。
高校の日本史においてではなく、小学校段階で教えるほど、重要な人物、というわけです。
「小村寿太郎」といえば、「関税自主権の回復」とセットで覚えることになっていますね。
明治44年(1911年)に日米通商航海条約が調印され、
関税自主権の回復」を果たしてから今年でちょうど100年。
奇しくもその100年目に、日本は自ら関税自主権を放棄しようとしています・・・
歴史から学ぼうとしない、愚の骨頂といえます。

THE JOURNALというサイト、半年ほど前からよく読むようになっています。
政治情報はとても参考になります(全部に賛同するかは別ですが・・・)。
最近の記事で、
中野剛志氏(京都大学大学院助教)の「TPPはトロイの木馬」という記事、
TPPの何が問題なのか、反対論の立場から鮮明に問題の本質を炙り出しています。
http://www.the-journal.jp/contents/newsspiral/2011/01/tpp_5.html

記事の中から、特に面白い・興味深いと思った文をいくつか引用します。
詳しくは、ぜひ記事そのものをお読みください。


TPPは"徹底的にパッパラパー"の略かと思えるぐらい議論がメチャクチャです。

横浜で開国を宣言した菅首相はウィットに富んでいるなと思いました。横浜が幕末に開港したのは日米修好通商条約で、これは治外法権と関税自主権の放棄が記された不平等条約です。その後日本は苦難の道を歩み、日清戦争、日露戦争を戦ってようやく1911年に関税自主権を回復して一流国になりました。中国漁船の船長を解放したのは、日本の法律で外国人を裁けないという治外法権を指します。次にTPPで関税自主権を放棄するつもりであることを各国首脳の前で宣言したのです。

APECでは各国首脳の前で「世界の孤児になる」「鎖国している」と不当に自虐的に自国のイメージをおとしめました。各国は日本が閉鎖的な国だと思うか、思ったフリをするため、普通は自国の開かれたイメージを大切にするものです。開国すると言って得意になっているようですが、外交戦略の初歩も知らないのかなと。すでに戦略的に負けています。

私は今回のTPPを見ていて女性の反応に驚きました。男どもが開国ごっこ、龍馬ごっこをやっていて、その安っぽいロマンチシズムのせいで自分たちの大事なものが奪われるかもしれないと不安に思っているのでしょうか。

「明治の開国は関税自主権の回復であり今回はそれを放棄しようとしている」と言うと、多くの女性がまさにその通りと言ってくださいました。女性の方が戦略性というものには敏感なんでしょう。

─日本史を教えている高校教師が「幕末・明治の開国を教えるときは、1911年・小村寿太郎をセットにして教えるほど関税自主権は基本的で大事なこと」と言いました。関税をゼロにするという話に飛びついた政府やマスコミは歴史に何を学んでいるのか疑いたくなります

幕末の開国はペリーが武力で迫ったものですが、今回はそんなことはありません。世界第2位のGDPがあり、何度も言っているようにすでに開国しています。なぜ自爆しようとするのでしょうか。こんな平成の開国の歴史を、僕らの子どもや孫にどうやって教えますか。雰囲気で決めるようなこの時代を、将来、歴史の教科書でどう教えるのですか。

政治家が龍馬ごっこをやっているうちに、日本が滅びる・・・
こんな悪夢にならないように、「トロイの木馬」であるTPPを阻止し、
愛する日本を守っていきたいものです。
昨年の秋までは音沙汰なかったTPPに加入したいのなら、
解散総選挙して民意を問うべきです。
マスゴミも無責任な歓迎論を垂れ流すのはやめてほしいです。

« NHK・恋する日本語「新たな出会いに」(2011年1月21日放送) | トップページ | セバスチャン、といえば・・・ »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ