« NHK・おはよう日本(2011年1月13日放送)~特集「広がる“庶民コレクター”  ~映画 ハーブ&ドロシー~」 | トップページ | NHKBS1・BS世界のドキュメンタリー「<シリーズ グローバル化する食>続・食いしん坊がゆく! 汗と涙と養殖エビ」(2011年1月13日深夜放送) »

2011年1月14日 (金)

日本でも、配偶者をほめることが当たり前になるように・・・

NHKの「クエスタ」というクイズ番組を観ていたら、
ゲストとして、俳優の市村正規さんが出演していました。
クイズ回答者のタレントさんたちが、市村さんに、いろいろ質問する場面がありました。
(質問をして答えを導く、という変わったクイズ番組なので・・・)
「奥さんのどこが好きですか?」という質問に対して、
市村さんは、実にセクシーな口調で、「エブリシングeverything・・・」と答えていました。
実に・・・いいですね~
ちなみに市村さんは現在61歳。奥様はソニーのCMでおなじみの篠原涼子さんです。
まさに、「ごもっとも!」な発言です。

日本では、伝統的に、自分の妻(あるいは夫)をほめる習慣がありませんね。
他人に家族を紹介するとき、照れくさそうに、
「ウチの愚妻です。」とか、「ウチの愚息です。」などと、身内を貶めるのが通常です。
古くは、江戸時代の学者、貝原益軒が『和俗童子訓』にて、
人に三愚あり。我を ほめ、子をほめ、妻をほむる、皆是愛におぼるる也」と書いています。
(もっとも、貝原益軒以前からあった言葉なのでしょう。)
妻や子を人前でほめるのは、愚かなこと、と現代でもみなされていますね。

しかし私は思うのです、
なにも篠原涼子さんのような美女でなくても、
妻を(夫を)ほめることが、日本でも当たり前になってほしい!と・・・
もう若くなくても、結婚した時とは体型が変わっていても、髪の毛が薄くなっても・・・
世界でたった一人の、かけがえのない愛する人・・・
愛の奇蹟ですよ!

いつも読んでいる水谷潔牧師のブログで、先日とてもすばらしい記事がありました。
家族にとって一年で最も大切な日は?」(2011年1月11日)という題です。
この記事を読む前に、タイトルを読んでまず自分なりの答えを考えてから読むといいでしょう。
(記事については、ぜひ「小さないのちを守る会」HPからアクセスしてください。)
家族の中では、親子関係よりも、夫婦関係の方が比べ物にならないほど大事です。

私も、番組を観た後で、妻に、「君のどこが好き?・・・everything!」とマネしてみました(^-^;

旧約聖書の「箴言」を締めくくる31章では、見出しに「有能な妻」というのがあります。
ぜひ、箴言31章10節から最後までをご一読ください。
有能な妻を見いだすのは誰か。真珠よりはるかに貴い妻を。」(箴言31:10新共同訳)
あでやかさは欺き、美しさは空しい。主を畏れる女こそ、たたえられる。」(箴言31:30新共同訳)
妻にささげる美しい言葉です。

妻を、夫をほめる言葉を、シャワーのようにお互いに浴びせ続けたら、
家庭は円満になるし、世の中はもっと幸せな人々が増えるでしょうね・・・

« NHK・おはよう日本(2011年1月13日放送)~特集「広がる“庶民コレクター”  ~映画 ハーブ&ドロシー~」 | トップページ | NHKBS1・BS世界のドキュメンタリー「<シリーズ グローバル化する食>続・食いしん坊がゆく! 汗と涙と養殖エビ」(2011年1月13日深夜放送) »

NHK」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

聖なる言葉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ