« いじめ自殺報道の内幕 | トップページ | 「サマリアの女」でストップせずに・・・過度な聖母・聖人崇敬の弊害 »

2010年12月 8日 (水)

映画「ペネロピ」~あるがままの自分を受け入れる

最近、障害者の方々についていろいろ調べていたときに、
この映画を知りました。

映画「ペネロピ」は、5代前の先祖の呪いを受けて、
生まれつき豚の鼻を持ってしまった女性の寓話的な物語です。
呪いを解くには、名家の出身の人との結婚。
しかし、求婚者たちはペネロピの豚鼻を見ただけで逃げ出してしまいます。
(窓を破って逃げ出す、という大げさシーン・・・)
そんな中、ペネロピはついに家出してしまいます。
町の中で、最初はマフラーをして醜い鼻を隠していましたが、
しまいには、自分からカミングアウトしてしまいます。
町の人たちは、最初は好奇の目で見ていましたが、
だんだん彼女は人気者になりました。

映画の終盤で、豚鼻の呪いは不思議にも解けてしまいます。
あるがままの自分を受け入れ、愛するようになったから、
障がいが障がいでなくなった、という象徴的なシーンです。

豚鼻の呪い、というのは、コンプレックスの象徴ともいえますが、
(もっと鼻が高かったら、もっと目が大きかったら、もっと背が高かったら・・・)
同時に、障がいの象徴ともいえます。
障がいですら、その人の「個性」として受け入れる必要と、
障がいを障がいとしない社会づくり、というのを、
このファンタジックな映画を見て、改めて思わされました。

 ペネロピ

« いじめ自殺報道の内幕 | トップページ | 「サマリアの女」でストップせずに・・・過度な聖母・聖人崇敬の弊害 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ