« 羊のように(ゼカリヤ9:16~17)【自作曲】 | トップページ | 米国における5歳児プログラム~小一プロブレム解決のヒントになるかも? »

2010年11月20日 (土)

バレエ「ロメオとジュリエット」~CM効果は強烈!

妻はバレエや体操(平均台とかの方)、フィギュアスケートなど、
身体で美しい表現をするものを観るのが好きです。
私も、もともとフィギュアスケートなどは好きですが、
バレエはどうも・・・苦手です。
「くるみ割り人形」組曲とか、「白鳥の湖」組曲のような、
抜粋されたものは好きですけど・・・
長い時間、台詞もなくただ踊りを観続ける、
というのは、ちょっと退屈です。
(バレエファンのみなさん、ゴメンナサイ!)

NHK教育の「芸術劇場」で、
11月19日深夜に、
プロコフィエフのバレエ「ロメオとジュリエット」の、
英国ロイヤル・バレエ団による日本公演の様子が放映されていました。
妻と少し一緒に観ていました。
衣装と舞台は豪華絢爛でした。
バレエの質は・・・私にはよくわかりませんでした。
(妻は満足していました。)
妻はずっと観続けていましたが、
私は音楽だけ聴きながら、TV画面は観ずに、記事を書いたりしていました。
すると、耳に残るのは、
以前ソフトバンクのCMで流れていたあの曲です・・・
「モンタギュー家とキャピュレット家」という曲名です。
一度聴いたら忘れられない印象を心に刻みこんでしまいますね。
何年も経っているのに、CM効果は「予想外!」
バレエの中でこのメロディが何度も出てくるたびに、
「ロメオとジュリエット」よりも、
CMの方を連想して苦笑してしまうところがなんとも皮肉なものでした・・・
CM効果はなんと強烈なことか・・・
(以前「名曲探偵アマデウス」でもこのバレエを取り上げていました。
ジュリエットのテーマとか、いろいろありましたが、結局覚えていません・・・
「モンタギュー家とキャピュレット家」の冒頭部分が、ほかをすべて吹き飛ばしてしまう感じです。)

【送料無料選択可!】プロコフィエフ: バレエ「ロメオとジュリエット」(抜粋) / シャルル・デュトワ(指揮)/モントリオール交響楽団

「ロオとジュリエット」といえば、
(微妙に違うでしょ?・・・クラシック音楽では「ロオ」が多く、
原作の邦題や映画などは「ロオ」ですね。)
やはり原作そのものと、映画版を思い出します。
映画版のテーマ曲、結構好きです。

ロミオとジューリエット (岩波文庫)

ロミオとジュリエット

« 羊のように(ゼカリヤ9:16~17)【自作曲】 | トップページ | 米国における5歳児プログラム~小一プロブレム解決のヒントになるかも? »

NHK」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ