« 言葉のプレゼント | トップページ | NHK・恋する日本語(2010年8月18日放送) »

2010年8月17日 (火)

NHK・色つきの悪夢 「カラーでよみがえる第二次世界大戦」&ホロコーストを生きのびて~シンドラーとユダヤ人 真実の物語~

先週の金曜日(8月13日)の夜に、NHK総合で、
『色つきの悪夢 「カラーでよみがえる第二次世界大戦」』という番組が放映されていました。
私は外出先で少しだけ見ました。
第二次世界大戦の白黒映像を、最新の技術でカラー化したものです。
たったそれだけで、ずいぶんと現実感ある映像となっていたのは驚きでした。
フランスと日本の共同制作で、
フランスでは高視聴率だったそうです。
日本でもこのような映像が、戦争と平和を考える8月に放映された事は、
大変意義あるものと思いました。

NHKの夏の「戦争と平和」関連番組としては、
「ホロコーストを生きのびて~シンドラーとユダヤ人 真実の物語~」もすばらしい番組でした。
映画「シンドラーのリスト」のダイジェスト版みたいな内容になっていました。

ところで、映画「シンドラーのリスト」では、最後のシーンの他に、
途中で、一瞬だけカラーになるシーンがありましたね。
主人公のシンドラーが、ユダヤ人たちの苦しみを自分の苦しみとした、
象徴的なシーンでした。

先ほどの「色つきの悪夢・・・」も、
白黒映像に色がつく、たったそれだけで、
人々の恐怖、苦悩がまざまざと感じられるものになりました。
映像の持つ力ですね。

« 言葉のプレゼント | トップページ | NHK・恋する日本語(2010年8月18日放送) »

NHK」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ