« NHK・おはよう日本(7月25日放送)~「年間5万人 相次ぐ中退者に大学は?」 | トップページ | テレビ東京系「いい旅・夢気分」~「感動!夏の北海道 花めぐり」(2010年7月28日放送) »

2010年7月27日 (火)

書評:高濱正伸著『わが子を「メシが食える大人」に育てる』(廣済堂出版・ファミリー新書001)

著者の高濱正伸氏は、埼玉県で学習教室「花まる学習会」を展開しています。
学習塾として、「野外体験」を行うなどの、ユニークな取り組みを行っているそうです。
私はこの本を書店で立ち読みした時まで、
残念ながら著者のことはまったく知りませんでした。

題の「メシが食える大人」とは、もちろん、「ごはん」のことではありません。
著者は、これを「自立した大人になること」と考えています。
具体的には、
1.経済的自立
2.社会的な自立
3.精神的な自立
の3つをさします。(P.40~41から引用)

そのために、10歳までに、5つの基礎力を身につけさせるべきだ、
と説いています。その5つの基礎力とは・・・
①ことばの力
②自分で考える力
③想い浮かべる力
④試そうとする力
⑤やり抜く力
(P.42~43から引用)
単に目先の「学力」だけではなく、
将来、社会人として活かせる力ですね。

最初の章では、
『「メシを食っていける力」が危ない!』と題して、
子ども時代の自然体験の重要さと、
その対極にあるひきこもり・ニートの問題について、
興味深い分析をしています。
この章だけでも、本書を読む価値は十分にあります。
文部科学省が主張する「生きる力」を、生活感あふれる言葉で言い換えると、
「メシを食っていける力」となるのでしょうね。

2章以下は、上記の5つの基礎力について、
具体的に、どうすればその力を養うことができるかを述べています。
中学受験を考えている子を持つ保護者の方なら、
とても興味深い内容だと思います。

もはや、公立小学校は保育園と化し、
学校でしっかりとした基礎学力・基礎体力をつけるのは難しい時代です。
塾が本当の意味での「学校」になってしまっています。
公立小・中学校の再生は望めないのでしょうか・・・

花まる学習会のHPは、以下です。
http://www.hanamarugroup.jp/
算数脳を鍛えるコンテンツがいろいろありますよ。

わが子を「メシが食える大人」に育てる (廣済堂ファミリー新書)

« NHK・おはよう日本(7月25日放送)~「年間5万人 相次ぐ中退者に大学は?」 | トップページ | テレビ東京系「いい旅・夢気分」~「感動!夏の北海道 花めぐり」(2010年7月28日放送) »

教育」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ