« 夢をとくヨセフ~すべてを益としてくださる神(教会学校説教案) | トップページ | 主の祈り(カトリック・聖公会共通)(16)【自作曲】 »

2010年7月11日 (日)

すべての事を益に(ローマ8:28)【自作曲】

神を愛する人々、
すなわち神のご計画に従って召された人々のためには、
神がすべての事を働かせて益としてくださることを、
私たちは知っています。
(新約聖書 ローマ人への手紙8:28新改訳)

今回は、この聖句への作曲を紹介します。

私にとって、この聖句は、聖書全体の中でも、
特に生き方の指針となっているものです。
ヨハネ3:16と、ローマ8:28と、そしてⅠテサロニケ5:16~18。
もし新約聖書に、この3つしか書かれていなくても、
十分に、生きる指針となるでしょう。
(もちろん、あくまでもこれは仮定の話ですが・・・)
神様が独り子イエス様を惜しまないほどに、私(たち)を愛されている事、
すべての事を益としてくださる事、
だからこそ、喜び、祈り、感謝する事を、神様は望まれている・・・
聖書的信仰の要点は、ここにあります。
「神の愛」、「讃美」と「感謝」いう視点で聖書を読み解くとき、
御言葉の一つ一つが生きたものになります。

今回、改めて、ローマ8:28のいろいろな訳を読み比べてみました。
特に印象深いものを、3つ紹介しましょう。
(柳生直行訳)
神を愛する者、神の御計画に従って召し出された者のために、
神は人生のあらゆる出来事から幸福な結果を生み出して下さる、
ということをわたしたちは知っている。
(新和訳〈池田博訳〉)
わたし達は、神を愛する者、
すなわち、御計画に従って召されたる者には、
万事が相働きてとなることを知っている。
(リビングバイブル)
そして私たちは、神様を愛し、神様のご計画どおりに歩んでいるなら、
自分の身に起こることはすべて、となることを知っているのです。

新改訳や新共同訳など、通常「」と訳されている語を、
柳生直行訳では、「幸福な結果」、
新和訳では、「」と訳していますね。
より肯定的なイメージとなっています。

人生に無駄なことはない!
一切肯定の立場です。
聖書の信仰は、究極的な楽天主義です。
だからこそ、
私たちは、私たちを愛してくださった方(=神様)によって、
これらすべてのことの中にあっても、圧倒的な勝利者となるのです。
(ローマ8:37新改訳)と宣言できるのです。
神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。
(ローマ8:31新改訳)
神様に感謝!

曲の紹介に移りましょう。
冒頭のメロディは、NHKラジオかどこかで、
BGMとして使われていたメロディに似ています。
(曲名はわかりませんが・・・)
穏やかな喜びがあふれた曲です。

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20100711_romans0828no01.MID」をダウンロード

「20100711_romans0828no01.pdf」をダウンロード

« 夢をとくヨセフ~すべてを益としてくださる神(教会学校説教案) | トップページ | 主の祈り(カトリック・聖公会共通)(16)【自作曲】 »

新約の歌」カテゴリの記事

聖なる言葉」カテゴリの記事

自作曲・楽譜」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ