« NHK・こころの遺伝子~第6回 とんがってるものほどやすらぐ 一青窈 | トップページ | 映画「スラムドッグ$ミリオネア」 »

2010年5月 4日 (火)

おすすめWEB記事~【解答乱麻】北海道雄武町立雄武中学校長・長野藤夫 そろそろ目を覚ますとき

北海道民は、札幌圏以外では、
新聞を購読しているほとんどの家庭が、
北海道新聞をとっています。
札幌圏においても、圧倒的に、北海道新聞(道新)が多いです。
それゆえ、朝日新聞の論調に近い、道新では、
北海道の教育問題、特に北教組の問題や、ゆとり教育の問題点などについて、
あまりきちんと知らされていないように思えます。
読売新聞や、北海道では販売されていない産経新聞なら、
何が問題なのか、よくわかります。
私は産経新聞は購読できませんが、
WEB版のMSN産経ニュースは、ほぼ毎日読んでいます。
コラム欄と教育コーナーは必読です。

MSN産経ニュースの5月3日の記事、
【解答乱麻】北海道雄武町立雄武中学校長・長野藤夫 そろそろ目を覚ますとき」は、
現場の校長の貴重な実名入り証言です。
http://sankei.jp.msn.com/life/education/100503/edc1005030826000-n1.htm
ぜひ多くの北海道の人たちに読んでもらいたい記事です。
この校長先生のような人が教員にどんどん増えていくなら、
北海道の教育にも、未来があります。
この記事に限らず、【解答乱麻】の記事はどれも興味深いものばかりですよ。

記事中のすばらしい文章を引用しましょう。

そろそろ目を覚ますべきときがきたと言わなければならない。瓜田(かでん)に履(くつ)を納(い)れず。李下(りか)に冠を正さず。子供たちに胸を張って言えないようなことをすべきではない。我々は一人残らず、そんなことをするために教師になったのではなかったはずだ。教師は、子供に人の道を指し示すという恐ろしい仕事を生業としているのである。子供にとってどれだけ価値のある実践をつくりだせるか、ということこそが仕事の指標なのだ。その心を、もう一度取り戻してほしいと願う。

まさに、その通りです!

« NHK・こころの遺伝子~第6回 とんがってるものほどやすらぐ 一青窈 | トップページ | 映画「スラムドッグ$ミリオネア」 »

おすすめサイト」カテゴリの記事

ニュース」カテゴリの記事

教育」カテゴリの記事

コメント

産経新聞は、北海道でも、一応購読は出来ます。
ただし、配達は、夕刊時または、翌朝になります。この点がつらいところです。
また、首都圏版を輸送しての配達なので、テレビ欄・天気予報欄等が、首都圏版の内容です。

zapperさん、コメントありがとうございます。掲載先のブログも読みました。いつも紹介していただき光栄です。当ブログのリンク集にも、”Meiko Aikoku Blog”を掲載させていただきました。これからもよろしくお願いします。

こんにちは。
当ブログで、ご指摘の記事を引用させていただきました。
貴重な情報の提供、ありがとうございます!
それにしても、道新にはもっときちんと「教育問題」について言及してもらいたいものですよね。無理でしょうけれど…

この記事へのコメントは終了しました。

« NHK・こころの遺伝子~第6回 とんがってるものほどやすらぐ 一青窈 | トップページ | 映画「スラムドッグ$ミリオネア」 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ