« 詩篇23(03)【自作曲】 | トップページ | 七つの海のティコ(完結版) »

2010年4月23日 (金)

詩篇13【自作曲】

詩篇全テキストシリーズ第5弾です。

今回は、詩篇13です。
テキストは新共同訳の詩編13全体です。
十数年前に与えられた曲です。

この詩篇には、「いつまで」という句が、
4度も出てきます。
詩人のいらだち、焦燥感、不安が伝わってきます。
その思いを、主にぶつけています。
「どうせ私なんて・・・」とか、「祈ったって、無駄さ・・・」と、
神様とコミュニケーションするのをあきらめるのではなく、
不安やいらだちそのものを通して、神様との関係をつないでいます。
ちょうど、女性同士の会話みたいですね。

女性同士がたわいない話をしつつ、徐々に核心に触れる会話をし、
相手に共感してもらったら(「わかる~それっ!」、とか、「そうよね~」など)、
問題自体は解決していなくとも、意外とすっきりしてしまうように、
神様へ思いをぶつけ続けるとき、
神様がいつの間にか、触れてくださいます。
そして、心に光を与えてくださいます。
女性同士のおしゃべりと、神様への祈りが決定的に違うのは、
現実そのものか、現実の受け止め方が、
神様によって「最善に」変えられることでしょう。

苦しいときは、優等生的な祈りよりも、
小さい子どものように、「ダダをこねる」ような祈りの方が、
かえって聞き入れられる場合があります。
私達は、神様の「僕(しもべ)」である以前に、
神様の「」なのです。
愛されている「」なのです。

わが子が暗い顔をしているとき、親が心配するように、
神様も、私達のことを心配しておられます。
(夫婦でも、そうですね。)
あなたがたの思い煩いを、いっさい神にゆだねなさい。
神があなたがたのことを心配してくださるからです。
(新約聖書 ペテロの手紙第一5:7新改訳)
だからこそ、神様に信頼しましょう!
神様は、確かに、祈る前から、私たちの悩みや苦しみをご存知ですが、
あえて、口に出して祈る必要があるのです。
ちょうど、主イエスが、弟子たちの足を洗われたように・・・
もしわたしがあなたを洗わないなら、
あなたはわたしと何のかかわりもないことになる。
(ヨハネ13:8新共同訳)
大切なのは、「かかわり」です。

曲の説明に移ります。
最初は、焦燥感あるロ短調から始まります。
それは、5節の終わりまで続きますが、
6節のところで、ロ長調に変化します。
6節のところで、詩人は、神様のご臨在に触れて、
確信を得たのでしょう。
詩篇においてよくある「闇から光へ」のパターンです。

テキスト・楽譜と、メロディは、下記からダウンロード願います。

「20100423_psalms013allno01.MID」をダウンロード

「20100423_psalms013allno01.pdf」をダウンロード

« 詩篇23(03)【自作曲】 | トップページ | 七つの海のティコ(完結版) »

聖なる言葉」カテゴリの記事

自作曲・楽譜」カテゴリの記事

詩篇(詩篇117以外)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ