« 人生とは「観光」である | トップページ | 世界を変えた思想 »

2010年1月14日 (木)

書評:末次由紀『ちはやふる』

「今、かるたが熱い!」
そんなコメントが実にぴったりな、熱血かるたマンガです。

「マンガ大賞2009」、
宝島社「このマンガがすごい!」2009年オンナ編3位・2010年オンナ編1位など、
注目を集めている作品です。

このマンガのタイトルや、受賞のことはなんとなく知っていましたが、
つい最近まで、興味はなかったので、どんな内容かは知りませんでした。
子どもたちに、百人一首のかるたを教えるのに、
何かいいマンガなどはないかな、と思って調べているうちに、
このマンガに出会いました。

事情があって、1巻からではなく、3巻から読み始めました。
3巻では、主人公の千早が高校生になって、
かるた部を発足させるところから始まります。
淡い恋愛&友情の話を背景にしていますが、
注目すべきは、かるたのシーンの描写でしょう。
実に迫力があります。
「かるた」という、いかにも室内のゲーム、文化系部活の話なのに、
あたかも「キャプテン翼」や「スラムダンク」のような激しさです。
また、友情による力は、「キン肉マン」とかの系譜に連なりそうです。
女性向きマンガなのに、十分男性でも楽しめます。
「文化系格闘技」という感じです。
百人一首かるたの面白さ、激しさ、知的興奮をすばらしく描写しています。
また、読んでいるうちに、自分もやってみたい、と思う人が続出しそうです。
ルールや攻略法も覚えられます。

3巻の後で、1、2巻を読みました。
1巻の冒頭で、たぶん物語のクライマックスが既に書かれています。
物語は、そのシーンに向かって疾走するのでしょうね。
1、2巻を読むと、3巻の背景がよくわかりました。
友情のシーン(特に1巻)は感動します。
まだ3巻までしか読んでいませんが、今後も楽しめそうですし、
小学生にもすすめることができそうです。

ちなみに、タイトルは、百人一首からとられています。

ちはやぶる 神代もきかず 龍田川 からくれなゐに 水くくるとは
(在原業平朝臣)

主人公・千早(ちはや)がこの札をとるのを得意にしています。
以前紹介した、荻野文子氏の本によると、
この歌の意味は、
神が奇跡を起こした時代にも聞いたことのない不思議さだ。
龍田川の水面(みなも)一面を鮮やかな紅色に絞(くく)り染めにするなんて・・・
それほどに美しいもみじの錦織りであるよ。
(荻野文子著『マドンナ先生古典を語る』(学研M文庫)P.278~279より)
とのことです。


ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)



ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)


著者:末次 由紀




ちはやふる (1) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス)

著者:末次 由紀

ちはやふる (2) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)

ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)

著者:末次 由紀

ちはやふる (3) (Be・Loveコミックス)

« 人生とは「観光」である | トップページ | 世界を変えた思想 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ