« キリストの光、心に灯そう【自作詞・自作曲】 | トップページ | 絶景!知床・斜里の山々 »

2010年1月28日 (木)

みことば殺「言」事件(マルコ4:19)

「被害者は、マルコ4:19(推定2000歳)、
死因は窒息死。容疑者は、クリスチャン某・・・」
なんのことやら。

実は、新約聖書のマルコ4章を、エマオ出版訳で読んでいたときに、
19節「みことばの息を詰まらせて」という表現が出てきたからです。
「みことばの息を詰まらせて」、というと、
何か「みことば」さんの首を絞めて殺すようなイメージを受けました。
この箇所は、「種蒔く人のたとえ」の解き明かしのところですね。

ちなみに、従来のマルコ4:19の訳は:
新共同訳:
この世の思い煩いや富の誘惑、その他いろいろな欲望が心に入り込み、
御言葉を覆いふさいで実らない。
新改訳:
世の心づかいや、富の惑わし、その他いろいろな欲望がはいり込んで、
みことばをふさぐので、実を結びません。
岩波書店訳:
この世の[ありとあらゆる]思い煩いや、富の誘惑や、
ほかの[さまざまな]ものごとへの欲望が入り込んで来て、
〈言葉〉を[まったく]窒息させてしまい
[〈言葉〉が]実を結ばなくなってしまうのだ。

そして、今回冒頭に取り上げた、エマオ出版訳です。
「しかし、この時代の色々な心遣い、豊かさからの惑わし、
その他の諸事についての欲望が入り込んできて、
みことばの息を詰まらせて、実を結ばなくならせる。

改めて、「みことばは生きている」ものである、ということを、
この訳を通して感じました。
単に、乾いた法律のようものではなく、
血の通った、生きた存在なのですね。
そう考えると、今まで数多く、「みことばの息を詰まらせて」、
みことばを殺してきたのか、恐ろしくなります・・・
少しでも多く、
みことばの実を結ばせる生き方をしていきたいものです。

というのは、神の言葉は生きており、力を発揮し、
どんな両刃の剣よりも鋭く、精神と霊、
関節と骨髄とを切り離すほどに刺し通して、
心の思いや考えを見分けることができるからです。
(新約聖書 ヘブライ人への手紙4:12新共同訳)

« キリストの光、心に灯そう【自作詞・自作曲】 | トップページ | 絶景!知床・斜里の山々 »

聖なる言葉」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ