« ハロウィンと宗教改革記念日 | トップページ | アーメン、賛美、栄光(ヨハネ黙示録7章)【自作曲】 »

2009年11月 1日 (日)

救いは、玉座に(ヨハネ黙示録7:10)【自作曲】

11月1日は、教会の教会暦では、「諸聖人の日」(全聖徒の日)です。
続く11月2日は、「死者の日」です。
この2つの祭日は、カトリック教会のみならず、
ルーテル教会など一部のプロテスタント教会でも記念します。
それにちなんで、今回から何回かにわたって、
ヨハネ黙示録と、ヨブ記から、数曲を紹介しようと思います。

まず初めは、ヨハネ黙示録7:10への作曲を紹介します。
テキストは、新共同訳です。
最後に、締めくくりとして、「アーメン」を付加しています。

この曲は、ヘンデルのオラトリオ『メサイア』の名アリアである、
第34曲"How beautiful are the feet of Him"
にインスピレーションを得て、作曲が与えられました。
(手元にある、『メサイア』のスコアでは、アルトの二重唱になっています。
しかし、私の念頭にあったのは、ソプラノ・ソロが歌うヴァージョンでした。)
聖書箇所は全然違いますが、雰囲気は似ているかな、と思っています。
ソプラノ・ソロ向けに書かれているので、少し歌うのが難しいかもしれません。

もともとのテキストでは、「数え切れないほどの大群衆が・・・大声で叫んだ
(新約聖書 ヨハネの黙示録7:9~10新共同訳)となっていますから、
ソロで歌うにはふさわしくないのかもしれません。
しかし、御言葉の美しさを噛み締めて、しっかりと味わっていただければ、
と願っています。

ヨハネ黙示録7:10への作曲は、この曲も含めて、
現在までに5曲与えられています。
その中でも、一番好きなのが、この曲です。

テキスト・楽譜と、メロディは、下記からダウンロード願います。

「20091101revelation0710no01.MID」をダウンロード

「20091101revelation0710no01.pdf」をダウンロード

« ハロウィンと宗教改革記念日 | トップページ | アーメン、賛美、栄光(ヨハネ黙示録7章)【自作曲】 »

季節の話題」カテゴリの記事

新約の歌」カテゴリの記事

自作曲・楽譜」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ