« 書評:毛利恒之著『恋ひ死なむ~殉愛のキリスト者 手島郁郎』(ミルトス) | トップページ | 映画『クリスマス・キャロル』 »

2009年11月29日 (日)

聖なる、聖なる、聖なる(イザヤ6:3&黙示録4:8)【自作曲】

「あけましておめでとうございます。」と今言ったら、
とても奇異に感じないでしょうか?
でも、今年の教会暦では、今日から新しい年度になるのです。
(もちろん、教会暦で新しい年度になったから、といっても、
今日、教会で「あけましておめでとうございます。」なんて言いませんよ。
念のため・・・)

今年も、待降節になりました。
私の家の周りでも、外は真っ白に染まっています。
夕方16:30を過ぎたら、もう真っ暗な夜が始まります。
こういう季節だからこそ、
「世の光」である主キリストのご降誕を待ち望む時期としてぴったりですね。

待降節では、一般的に、イザヤ書がよく読まれます。
そこで、今週と来週で、イザヤ書への作曲を何曲か紹介しようと考えています。
(イザヤ書への作曲は、現在までに、全63曲与えられています。)
予定は6曲です。

第1回目のタイトルは、「聖なる、聖なる、聖なる」です。
テキストは、旧約聖書イザヤ書6:3&新約聖書ヨハネの黙示録4:8新共同訳です。
どちらのテキストにも、「聖なる」という言葉が3度出てきます。
「聖なる(かな)」という言葉を、旧約では、6つの翼を持つセラフィムが唱え、
新約では、同じく6つの翼を持つ4つの「生き物」が唱えています。
そこで、旧約のテキストから新約のテキストに飛躍する、
という発想が導かれました。

曲についてですが、
イザヤ書のテキストを歌う部分は、神秘の扉の前、
ヨハネ黙示録の部分は、神秘の扉が開かれて、光があふれている、
そんなイメージです。
男声で歌うことを想定しています。
冒頭の「聖なる・・・」のところは、ベートーヴェンの「荘厳ミサ曲」中の、
「Sanctus」の部分に影響を受けています。

メロディ(midiファイル)と楽譜(PDFファイル)とは、
下記からダウンロード願います。もちろん無償です。

「20091129_isaiah0603no01.MID」をダウンロード

「20091129_isaiah0603no01.pdf」をダウンロード

« 書評:毛利恒之著『恋ひ死なむ~殉愛のキリスト者 手島郁郎』(ミルトス) | トップページ | 映画『クリスマス・キャロル』 »

新約の歌」カテゴリの記事

旧約の歌(詩篇以外)」カテゴリの記事

自作曲・楽譜」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ