« モーニング・グローリー | トップページ | 聖なる、聖なる、聖なる(イザヤ6:3&黙示録4:8)【自作曲】 »

2009年11月28日 (土)

書評:毛利恒之著『恋ひ死なむ~殉愛のキリスト者 手島郁郎』(ミルトス)

「キリストの幕屋」の創始者、手島郁郎の伝記です。
手島郁郎の熱烈な信仰に惹かれて、
ぜひ読んでみたいと思っていた本です。
著者は、映画『月光の夏』の原作者でもあります。

全体としては、とても読みやすく、わかりやすい文章で書かれています。
読みやすいので、私は270頁余りのこの本を、1時間かからずに読み終えました。
手島郁郎という人を知る上で、一番よい入門書になるでしょう。
しかし、エリヤのような激しさを持っていた手島郁郎の信仰を、
とらえきれていなかったようにも思えました。
また、1950年代以降の話が、ほとんど触れられていなかったのも残念です。
少し物足りなさが残りました。

日本的キリスト教の最も成功した例が、「キリストの幕屋」ではないかと、
私は考えています。
手島郁郎の名は、日本において、もっと広く知られるべきものです。
(「キリストの幕屋」については、また機会があれば、
書いてみたいと思っています。)


恋ひ死なむ――殉愛のキリスト者 手島郁郎



恋ひ死なむ――殉愛のキリスト者 手島郁郎


著者:毛利恒之




恋ひ死なむ――殉愛のキリスト者 手島郁郎

« モーニング・グローリー | トップページ | 聖なる、聖なる、聖なる(イザヤ6:3&黙示録4:8)【自作曲】 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ