« ヨブ記への作曲(2)(ヨブ19:25,26)【自作曲】 | トップページ | 信仰と律法との関係~現代的なたとえでの解釈 »

2009年11月 7日 (土)

涙をぬぐわれる神(黙示録7章)【自作曲】

「諸聖人の日」、「死者の日」から、
11月の教会暦は始まりますが、
今週は、それにちなんで、
ヨハネ黙示録7章と、ヨブ記からの作曲を紹介してきました。
今回は、その締めくくりとして、
ヨハネ黙示録7章からの作曲を2曲まとめて紹介します。
どちらも、「神が彼らの涙をことごとくぬぐわれるからである。
(新約聖書 ヨハネの黙示録7:17新共同訳)という箇所を含む曲です。

人はなぜ苦しむのか、苦しみには何か意味があるのか・・・
人間にとって、とても重い問いの一つですね。
ある宗教では、「前世からのカルマ(業)によって、災いが起こる」と教えています。
(まだマシな方ですが・・・しまいには、「先祖・水子供養が足りないからだ」とか、
そんな教え方で、人を不安に陥れる宗教もありますね。)
では、キリスト教では、どのように苦難をとらえるのでしょうか?
少なくとも、「信じたらすべての災厄が消える」などとは教えていませんね。
(それなら、悪質なカルト教団と同じですね。)
苦しみにも意味がある。いや、苦しみさえも、益としてくださる!
プラスに変えてくださる!(参照:ローマ8:28)
その代表例が、イエス様の十字架と復活です。

ちょっと別な見方をしてみましょう。
たとえば、アクション映画や、サスペンス映画などで、
その映画を、初めから順に観るのではなく、
いきなり、最後のシーンから観たら、どうでしょうか?
主人公は波乱万丈いろいろあるけど、
最後にはハッピーエンドで終る、とか、
真犯人は○○だった・・・とか、
そういう結論を先に知っていれば、
映画にハラハラドキドキしつつも、どこか安心感があります。
(こういう映画の見方は、ちょっと邪道ですが・・・)

さらに別な例をあげましょう。
ドラマの『水戸黄門』は、途中どんな展開になっても、
放送終了前には、必ず印籠と決めゼリフが出て、
円満解決となります。
視聴者は、ワンパターンと知りつつも、
安心して、ドラマを見ていられます。
「信仰に生きる」とは、まさにこれに近いものがあります。
すなわち、まず人生の結論を知り、途中どんな困難があっても、
最終的には、安心して生きていける・・・
その結論とは、「神様が私を愛している」、「苦しみさえも益と変えてくださる」
そして、「来るべき世に、神様がすべての涙をぬぐわれる」ということです。

苦しみの意味は、生きている中で、見出す場合も多いですが、
やはり最終的な解決は、死後にはっきりとわかるものではないでしょうか?

サマセット・モームの代表作である『人間の絆』には、
たしかこんなような意味の箇所があったと記憶しています。
「人生の意味とは・・・人生は、ゴブラン織のようなもの。
人はそれを裏側からしか見ていない。」

別な言い方をすれば、人生はパズルのようなものです。
一つ一つのピースの模様は、何の意味があるのか、
さっぱりわかりませんが、しかし全体を組み合わせてみれば、
一つの大きな絵になる・・・
神様がそれを御覧になる・・・
そう考えれば、人生に無駄なことは一つもない、と確信を持てます。

先日紹介した、ロバート・シュラーの著書の中に、
実にステキな表現が出てきます。
傷(scar)が夢(star)に変わる(star into scar)
"scar"と"star"は英語ではスペル1字違いです。
ある物事が起きた、という「事実」は、
決して変えることができません。
しかし、それをどうとらえるか、という「真実」は、
変えることができます。
単に傷(scar)のままでとどめるのか、
それとも、それを、夢(star)へと変えるのか・・・
それこそ、信仰の世界です。
あなたがたには世で苦難がある。
しかし、勇気を出しなさい。
わたし(=イエス様)は既に世に勝っている。
(新約聖書 ヨハネによる福音書16:33新共同訳)

今回の曲の紹介に戻りましょう。
1曲目のタイトルは、「涙をぬぐわれる神」です。
テキストは、ヨハネの黙示録7:14~17新共同訳です。
3分の2はハ短調ですが、残り3分の1は、一応、変ホ長調です。
神が彼らの目から涙をことごとく ぬぐわれるからである。
(ヨハネの黙示録7:17新共同訳)の部分です。
明るい長調というよりは、
むしろ、深い慰めを感じさせるくすんだ長調、というイメージです。

2曲目は、黙示録7:17文語訳がテキストです。
おごそかなイメージです。

テキスト・楽譜と、メロディは、下記からダウンロード願います。

「20091107revelation0714.MID」をダウンロード

「20091107revelation0714.pdf」をダウンロード

「20091107revelation0717.MID」をダウンロード

「20091107revelation0717.pdf」をダウンロード

« ヨブ記への作曲(2)(ヨブ19:25,26)【自作曲】 | トップページ | 信仰と律法との関係~現代的なたとえでの解釈 »

新約の歌」カテゴリの記事

自作曲・楽譜」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ