« NHK・土曜ドラマ『チャレンジド』、『フルスイング』 | トップページ | 中国映画『追憶の切符』 »

2009年10月19日 (月)

自殺報道について~知る権利、知らない権利

日本では、毎年3万人以上の人が自殺します。
単純計算すると、1日あたり、約82人、
1時間あたりでは、約3人の人が、自ら命を絶っています。
(30000人÷365日÷24時間で計算。小数点以下切捨て。)

ところで、イラクにおいて、
2004年~2008年にテロや戦闘で死んだ人は、
8万人~10万人と言われます。
一方、日本は、戦争がないのに、毎年3万人自殺しています。
これはもはや、静かな戦争、ともいえる異常現象です。

私がほぼ毎日閲覧しているサイトの一つが、
精神科医の和田秀樹氏のブログです。
「和田秀樹オフィシャルブログ テレビで言えないホントの話」
http://ameblo.jp/wadahideki/

和田氏の今日(10/19)付のブログでは、
自殺報道のあり方について論じています。
http://ameblo.jp/wadahideki/day-20091019.html
これは、まさにそのとおりだと思いました。
マスコミが芸能人や政治家、あるいは、学校での自殺者を報じるたびに、
模倣して自殺する人が増えることがあります。
(自殺原因に「いじめ」が加われば、なおさらです。)
和田氏は、うつ病で自殺願望がある人に、
自殺報道を見せるのは、殺人に近い行為だ、とまで述べています。
実際、過去に、何人かの芸能人が自殺した後、
ファンが後追い自殺をしたり、
あるいは、いじめを苦にした自殺が大々的に報道されると、
模倣して自殺する子が何人もあらわれました。
マスコミは、「国民の知る権利」とか、「正義」を口にしながら、
間接的な殺人をたくさんやっているわけです・・・
こういう場合は、「知る権利」の他に、
「知らない権利」というのがあってもいいのでは、と思います。
自殺してしまったら、やり直しがききませんが、
生きているうちは、まだ望みがあるからです。
命あるもののうちに数えられてさえいれば、まだ安心だ。
犬でも、生きていれば、死んだ獅子よりましだ。
(旧約聖書 コヘレトの言葉(伝道の書)9:4新共同訳)

世界保健機構(WHO)は、自殺報道に関して、
2000年に、「自殺を防ぐために~マスコミへの手引き」という、
群発自殺(マスコミ報道がきっかけで、連鎖反応的に自殺が起こる事)を防ぐための
ガイドラインを発表しています。
(関連サイト)
http://www.j-cast.com/2006/11/16003851.html
しかし、日本のマスコミは、これに反する報道をし続けていますね。
視聴率が取れるなら、人が何人死のうとかまわないのでしょうか?
私は大きな疑問を感じます。

自殺の問題は、社会にとっても深刻ですが、
キリスト教会にとっても、決して縁遠い問題ではありません。
実際、私の今までの教会生活の中で、
教会で洗礼を受けたにもかかわらず、
何人かの方が自殺したのを知っています。
私自身、個人的に、
教会の信徒で、自殺願望がある人と、
何人か関わりをもったことがあります。
だから、決して、他人事とは思えません。

もし、このブログを読んでいる方で、
万が一に、自殺を考えている人がいるなら、
どうか、思いとどまってください。
今は闇しか見えなくても、きっと朝がやってきます!

自殺予防のためのサイトを2つ紹介します。
・日本いのちの電話連盟(全国のいのちの電話一覧)
http://www.find-j.jp/zenkoku.html
・新潟青陵大学大学院臨床心理学研究科教授 碓井真史氏のサイト
「こころの散歩道」内の、
「自殺と自殺予防のための心理」
http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/news/jisatu.html
(※碓井真史氏はクリスチャンです。)

最後に、聖書から、3つの聖句を引用します。
(本来なら、Ⅰコリント10:13も引用したいところですが・・・)
すべて、新共同訳の新約聖書からの引用です。
①「疲れた者、重荷を負う者は、
だれでもわたし(=イエス様)のもとに来なさい。
休ませてあげよう。」(マタイ11:28)
②「事実、御自身(=イエス様)、試練を受けて苦しまれたからこそ、
試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。
(ヘブライ2:18)
③「神は、これほど大きな死の危険からわたしたちを救ってくださったし、
また救ってくださることでしょう。
これからも救ってくださるにちがいないと、
わたしたちは神に希望をかけています。」(Ⅱコリント1:10)
イエス様に出会うとき、すべての闇は光へと変えられます!

みなさんの祝福をお祈りします。
主があなたを祝福し、あなたを守られるように。
主が御顔を向けてあなたを照らし
あなたに恵みを与えられるように。
主が御顔をあなたに向けて
あなたに平安を賜るように。
(旧約聖書 民数記6:24~26新共同訳)
アーメン!

« NHK・土曜ドラマ『チャレンジド』、『フルスイング』 | トップページ | 中国映画『追憶の切符』 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ