« 秋の困った使者 | トップページ | 詩篇117(13)【自作曲】 »

2009年10月22日 (木)

秋の名曲~ブラームスの諸作品

秋になると、なんとなく、ブラームスの曲が聴きたくなります。
私にとって、ブラームスの曲のイメージは、どれも、
秋か冬ばかりです。
(ブラームスのすべての作品を聴いたわけではないですが、
少なくとも、主要作品はそうです。
あえて例外を挙げるならば、
交響曲第1番の第3、第4楽章は、
「雪解け」のイメージがあります。
しかし、ヴィヴァルディの「春」のような、
さわやかなイメージはありません。
同曲の第1、第2楽章は、「冬」のイメージです。)

秋にも、初秋、中秋、晩秋とあるように、
それぞれ、初秋・中秋、晩秋のイメージの代表曲を選んでみました。

初秋~交響曲第2番
中秋~ヴァイオリンソナタ第1番、クラリネットソナタ第2番、
    間奏曲集、ピアノ協奏曲第2番
晩秋~クラリネット五重奏曲、交響曲第4番

どれもコメントしたい曲ばかりですが、
今回はあえて、晩秋の2曲だけに触れます。
紅葉がそろそろ終わり、
枯葉が舞い落ちる時に一番ぴったりなのが、
クラリネット五重奏曲です。
ブラームスの室内楽作品の最高傑作です。
10代、20代の頃の私にとって、この曲は、
陰鬱すぎ、あまり好きではありませんでしたが、
最近では、この曲と同編成で双璧をなす、
モーツァルトのクラリネット五重奏曲よりも好きです。
(ただし、季節限定です・・・
ブラームスのクラリネット五重奏曲は、11月のイメージです。)

家にあるCDは、
ペーター・シュミードル(クラリネット)&
ウィーン・ムジークフェライン弦楽四重奏団の盤です。
(現在、発売していないようです。
タワーレコード等ではまだあるかもしれません。)
これは、モーツアルトのクラリネット五重奏曲も入っているし、
どちらも、たぶん同曲のベストCDではないかと思います。
ブラームスに関してだけいえば、
深刻すぎず、軽すぎず、
ブラームスの寂寥感と独特の美しさを十分に表現しています。

交響曲第4番は、カルロス・クライバー指揮ウィーン・フィルのが、
20代までのベストCDでしたが、
今は、クルト・ザンデルリンク指揮ベルリン交響楽団のがベストです。
(同時に、ブラームスの交響曲全集としてもベストだと思います。
こちらは、定番商品といえる存在なので、
タワーレコード等では必ずあるはずです。)
第1楽章は、
木から色づいた葉がひとひらずつ落ちていくようなイメージがあります。

ちなみに、私は「冬」になると、
シベリウスやチャイコフスキーの曲が聴きたくなります。
それはまたの機会に・・・

« 秋の困った使者 | トップページ | 詩篇117(13)【自作曲】 »

クラシック音楽・ブラームス」カテゴリの記事

季節の話題」カテゴリの記事

音楽」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ