« みことば天国(旧約編) | トップページ | 主の祈り(その10・最終回)「わたしたちを誘惑におちいらせず・・・」 »

2009年7月26日 (日)

詩篇131(01)【自作曲】

「都に上る歌」シリーズ、今回は、
詩篇131への曲を紹介します。
テキストは、旧約聖書 詩編131全部(新共同訳)です。
短いので、お読みください。

詩篇131へは、現在までに3曲与えられています。
内訳は、新共同訳1、カトリック訳2です。

この曲の途中で、ニ長調から、いきなり変ロ長調に転調するところがあります。
この、変ロ長調の部分は、
「母の胸にいる」という言葉から連想して、
心臓の鼓動を思い浮かべながら聞いてくださると幸いです。

詩篇130で深淵をさまよったあとに、
どうしてこの詩篇131があるのか、
はっきりとした意味はわかりませんが、
おそらく、「深淵を見たからこそ、思い上がるな」ということなのでしょうね。

「主はその腕で力を振るい、
思い上がる者を打ち散らし、
権力ある者をその座から引き降ろし、
身分の低い者を高く上げ、
飢えた人を良い物で満たし、
富める者を空腹のまま追い返されます。」
(新約聖書 ルカによる福音書1:51~53新共同訳)
「心の貧しい者は、幸いである、
天の国はその人たちのものである。」
(新約聖書 マタイによる福音書5:3新共同訳)

テキスト・楽譜と、メロディは、下記からダウンロード願います。


「20090726psalms131allno01.MID」をダウンロード


「20090726psalms131allno01.pdf」をダウンロード

« みことば天国(旧約編) | トップページ | 主の祈り(その10・最終回)「わたしたちを誘惑におちいらせず・・・」 »

自作曲・楽譜」カテゴリの記事

詩篇(詩篇117以外)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

にほんブログ村

  • にほんブログ村
無料ブログはココログ